2005年12月07日

FF4のCMとか。

ヴァルキリーの続編がジャンプフェス2006に出展されるって本当かな…
ガセくさいような気もするなぁ。
ゲームのとかのCMについて、ごちゃごちゃ書いてみます。

「FF4」
女白魔道士ローザのコスプレをした外人かハーフのモデルさんが、断崖絶壁に立って、風にローブをなびかせているというカッコイイあれです。
ローブっつっても、女戦士ばりのビキニスタイルなんですけどね…全体の配色がくすんでる中で、そのビキニのコーラルピンクが際立つわけですよ。スタイル良くないとできやしない格好ですが、なんとなくモデルさんは恥かしそうです。
ゲームのイメージを壊さず、現実化させるのは難しいと思いますが、初見で目を奪われました。FF4は音楽が良かったし。BGMも懐かしい感じで、相乗効果抜群です。

「ローグギャラクシー」
CMで見るぶんでは、キサラがやたらかわいいヒロインに見えるのは不思議だ。
ちょっと画面の色が飛んでるような気がするのは気のせいですか。
発表の時流れたのに比べたら、なんてフツーなアプローチのCMに…

ペケ箱360°いろいろ。
ハイデフへ、ハイデフへいうとるあれです。同じBGMでまとめてあるけど、そんなにCMとしては上手くないと思います。あまり興味を引かれないっていうか、知らない人は何のCMかわからないと思いますけど。
「チョコボもハイデフへ」だけは若干心引かれました。金色の羽根を背負ってる女性のゲーム画面はカッコイイっすね。何てタイトルかわかりませんが。
米じゃ、本体の設計不良がどうのって早速訴えられたそうで。こっちでは10日発売ですが、だいじょうぶなのか。いや、たぶんムリだろう(w

「デッドオアアライブ4」
さすがに、映像美としてはまだまだ唸らせることができるんですね、ゲームのCG。きれい。私はいわゆる現実に近いリアルなのより、想像空想が働いてるCGらしいCGの方が好きですけど。
この間まで流れてたPS2用の「ソウルキャリバー3」のCMでも十分見とれましたが、「DOA」の方がやっぱ全然すごいなー。たぶん、光源の使い方の差かな。即ちマシンパワーの差ですね。

「あらしのよるに」
これ、ゲームじゃありません。(ゲームにもなるけど)
絵本が原作のアニメ映画の宣伝の方の話です。
これをエロエロしく思うのってわたしだけ?
「ともだちなのに、おいしそう」っていうコピー、ダメだろうそんなの!
筋だけ見てると(予告編が公式サイトにある)、まんまボーイズラブのそれにしか思えないんですけど。だいじょうぶか、だいじょうぶか。(おまえがな)
「種族を超えて友だちになった」「君が誰かなんて関係なかった」とか。
友情に命をかけてもいいって言ってたよ。おいおい。
仮にもオオカミとヤギだぜ! 攻めと受けだぜ!
「メイ、お願いだ! おいらを一人にしないでくれ!!」
ぐはっ。そんなさいしゅうへいきを持ち出してどうする…
でも、芸能人のキャスティングがすべてをダメにすると思います。
はーっ。今日もまた、アホなこと書いた書いた。
posted by 百武 晶 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。