2006年01月27日

ドラマ「輪舞曲」

チェ・ジウが物珍しくて、ではなく、その妹役にヒョニーがキャスティングされており、彼女を目的に見てみました。

ヒョニーとは、イ・ジョンヒョンのことで、テクノの女王と向こうでは呼ばれてる歌手です。私は彼女の歌が好きなんですよね。「Come On」と「Heaven」のパフォーマンスが鮮烈なイメージで脳裏に刻まれてます。
で、ドラマ内では病弱ながらも姉を助ける良き妹という役なんで、化粧がとってもナチュラル。…上記の歌を披露した時とは雲泥の差っていうか、本当に女優は化粧次第でどうとでも化けるんだなと。化粧が薄いと地味…いや、フツーの子に見えちゃうな。

肝心要の内容については…とてつもなくわかりづらいです。
何がどうなっているのやら。折角出てきたウエンツ君も怯えてる間に首つっちゃったし。変な脚本と演出だなぁと思いながら次は見ないなーと決意。
スローの多様、色彩操作、三つもの映像を重ねるという演出が、新聞には光の使い方が上手いと褒められていたけど、私はうっとおしく感じました。そんなに美しい、と思わされるような場面ってなかったですけどねぇ。
ジャスティスというパグ犬がかわいいということだけは分かった(w
ジャスって呼ばれてるんだ、この犬。ヒョニーに抱かれてかわいいんだこれが。

それで、このドラマって色々既存の作品のネタを抜いてきてるんじゃないかな〜って。
「神狗」という組織に潜入操作で入り込んでいる刑事が、進捗状況を知らせるために特定の刑事と密会する辺りは、まんま「インファナル・アフェア」ですし。屋上で密会してる場面なんか確信犯でやってるとしか。w
その間者の刑事役が竹ノ内豊なんですが、この暗くて粗暴なキャラが、一昨年やってた「人間の証明」の刑事役を彷彿とさせます。同じような役やってるな〜と思って。
下敷きにしてるのは間違いなく「インファナル・アフェア」でしょうが。

憎しみが新たな憎しみと悲しみとを生む、人々は輪舞曲を演じている。
雪が降るさまが踊っているように見える。
その二つから、タイトルはきてるようです。

ヒョニーをキャスティングするなら、主題歌に彼女の新曲をあてがってほしかったですね。
新曲聴きたいーー。



posted by 百武 晶 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。