2006年02月09日

「結界師」第107話

ちょっと調子が悪いので、しばらくこれとBLOODの感想と小説のアップだけになるかも知れません。なるべく毎日かきたいんですけど…

第107話「救出」
お姫様の顔が昆虫みたいでショックなんですけど。
良守は相手が黒芒の姫だとは知らず、同じように俘虜にされた被害者だと思って助けてしまいました。無邪気な良守の「優しさ」にお姫様のほうはボケーっとなっております。
あなた、人間にしちゃ変な感じね、ちょっと見せて
お姫様の笑顔がめちくちゃ気持ち悪い。(笑
ここでも良守がなにか特別な力をもっていることが暗に示されます。
お姫様は九尾の狐。そのふっさふさのしっぽで良守をつつみこみ、その記憶を盗み見たのだろうか。あのふさふさは気持ちよさそうだったなぁ。あとは狐に化かされたようになって、とにかく先に進むヨッシー。
お姫様に気に入られて殺されずに済み、牢までの順路まで教わったとも知らずに。

一方、ぐるぐる巻きで牢に放り込まれている閃ちゃんは、死の恐怖に怯えていました。
そして、限と良守を重ねて考えておりました。そっか、あの二人って似てるんですねぇ。
閃がいってるのは、覚悟の強さが戦場での生死を決める、みたいな話ですかね。そのときになってみないと、自分の本当の覚悟の度合いなんてわからないと。
ヨッシーのカッコよさも、その覚悟があるからゆえなのかなぁ。
ギャグ的に牢の壁をぶち破ってヨッシーが助けにやってきます。
立てるな、出るぞ
とさっさと蜘蛛の糸を切り、閃を自由にした良守は先に行こうとする。その背中に、閃は限と同じものを見るのだった。
つまり、覚悟を。

逃げた姫を追いかけていた白と、松戸がついに遭遇。因縁バリバリっぽい。
白の顔が怖いです。

姫にもらったアドバイスを誰にもらったっけ? とか思いながら、良守と閃も先へ進みますが、暗闇の向こうにはなにかが……!
で、以下次号。ってもう今週号でてますね。しっかり一週送れ…
posted by 百武 晶 at 19:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 結界師(良守ウォッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姫は気持ち悪くないですよ(T_T)
Posted by 黒芒大好き at 2013年08月01日 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13039304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。