2006年01月11日

新春ドラマ「里見八犬伝・後編」

タッキー@信乃
前編ほど書くこともない後編。
感想なのかアニメとの比較なのかよくわかんないままやっちまいます。
ちなみにこちら、大角を説得してる場面の信乃です。信乃(言い張る)

続きを読む
posted by 百武 晶 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

新春ドラマ「里見八犬伝・前編」

えーと、それで、どういう方向で感想にしたもんかなァと決めないまま書き始めてみる…
後編もすべて視聴し終わって思ったことは、後編の後半へ行くほど面白くなくって行くということだった。対牛楼のシーンが終わった直後、つまり毛野と合流したエピソードの後は、原作から離れてラストに向けてオリジナルで突っ走り始めてしまった。整合性もなく、ただただ、信乃と浜路姫の祝言という大団円エンディングを目指しているのが丸分かりで、つまらないったらなかった。

続きを読む
posted by 百武 晶 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

「里見八犬伝・暫定感想」

ローグがね、全然終わりが見えないんすよ…
だいたい、ロープレってレベルが50に届いたくらいに、ラスボスでしょ? プレイ時間が50時間程度で終わるのが基本でしょ? 終わらない、終わらないんですよ!!
終わらせたくて必死でかまけているので、ドラマも何も見れてないし出来てない有様です。

八犬伝も前編と、後編の前半くらいまでしか見れてなくってですね、ちゃんとした感想がまだ書けない状態だったりします。
こともあろうに、昨日、うっかり内容をボロカスにこきおろしたレヴューを読んじゃって、気分萎えまくりですし…いや、私は褒めようと思ってたからさ。
人によって、傑作駄作の判断は、まるで別なんですねぇ。はふー。
私は私の思ったこと、感じたことを感想と書きますよ。

現代ものではない、ファンタジードラマとしては、とても良く出来てましたよ。
アニメや小説の実写版なんか、良かったことなんて今まで一度だってなかったですが、これは上手く形にしてくれたなと思いました。
画面の説得力がすごかったです。ロケが多かったせいなのか、セット技術が高かったのか、安っぽさを感じずに、すんなり世界に引き込まれて観賞できました。
衣装が控えめなのに、美麗なものばかりで、思わず目が行きましたね。役者を殺さず生かすような、どこか無国籍風のデザインがステキだったなぁ。古代的な髪型がイヤだったけど。
引き合いに出してみると、国営放送の大河なんかは特に、私は画面にうそ臭さを感じてしまうんですよね。作り物めいた、こう、変な違和感を覚えてしまうので、内容に入っていけないことが多いです。
今度始まるフジの西遊記なんか、たぶん、八犬伝の美術的水準の高さを見たあとでは、ちゃんちゃらおかしくって見られないですよね……

内容は、まぁ、お正月のファミリー向けのスペシャル娯楽ドラマですからね。
「八犬伝」も怨念と毒素を抜くと、ああもさわやかなヒロイックファンタジーになってしまうのかと感心しきりでした。おどろおどろしさなくしてなにが「八犬伝」か、とも言えますが……
草原を信乃たちが馬に乗って駆けるのを空撮で追ったシーンは、なんだか「ロード・オブ・ザ・リング」のようではありませんでしたか。
仲間が集い、旅をし、諸悪の根源を滅し、お家再興をする…
あれ、もしかして、滝沢馬琴って江戸のJ.Rトールキン? 

戦闘シーン、殺陣だって迫力があって、華麗で見ごたえがありましたけどね。
うまく吹き替えを使ったのかな。村雨丸は水が出すぎだと思いますがw 水芸の扇子じゃねーんだから。災いをもたらす呪われた妖刀なんですってば。

「八犬伝」の前知識なしの視聴者も、そこそこは楽しめたと思います。
きっと、各犬士のキャラを補完するまではとても手が回ってなかったので、わからない部分も多かったでしょうが。そこは、役者自身が持つイメージに頼って、「だいたいこれでわかってもらえるだろう」的なキャスティングをしたのだと思います。
人の良い荘助の佐藤隆太とか、大柄で快活な小文吾の照英とか。わかりやすいといえば、わかりやすい…

タッキーの信乃は、信乃というより義経でしたね。雄雄しく、猛々しすぎたかなぁ。
信乃は確かに正義感が強くて、剣の腕も立つ美男子なんだけども、どこか頼りなくて、詰めが甘いところがあるわけ。そこを現八なんかにフォローされながらやってくんですよ。よく、物事に流される…いや、流れを自分で作るよりも誰かが作った流れに引きずり込まれてしまうような、そんなイメージ。

おそらくは、このドラマ化にあたって、製作者はOVA「THE八犬伝」を観賞し、プロットの下敷きにしたと推測されます。私はそうだと見てます。
戌年だから、安易に八犬伝ドラマ化の企画を進めた、と思うと甘いとしか言えませんけどね。とはいえ、準備期間と予算を豊富に取ったからこそ、あの出来になったのも事実でしょうね。中国ロケまで敢行してますし、人気・大物俳優を惜しげもなく使っています。
し・か・し。肝心要の八房を切り捨てたのは、いったいどういう了見なのでしょう。まずい要素は避けて、とりあえず存在はさせないとマズかったんじゃないですかね。作品否定になりかねませんよ。
後日、そのへんを含めて内容についてツッコミを入れていきたいと思いますです。

あ、軽い気持ちでOVA「THE八犬伝」は見ないほうが精神安定のためですよ。
感受性の高い方が興味本位で見ると、多大なるダメージ食らう衝撃度です。なにもかもが。
トラウマになりかねません。それは忠告させて頂きます。


posted by 百武 晶 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

事始め

どうも。

信念曲げまして、おめでとうございます

今年もどうぞ百害あって一利なしの当ブログをよろしくお願いします。
マイナーカプの少数派という苦境ながら、ちまちました文筆活動(脳内シン発散)により同志をこっそり増やしていきたい所存です。半分くらいは冗談ですが半分は本気です。
私は乙女ロードに通うような本物の腐な方ではないので、生暖かい目線で見守るのはやめてください。そこはふつうに長い目で気長に見守ってください。

上の挨拶は「格言ひめくりカレンダー」の今年一発目の格言です。
世の名言格言をもじり、まったく別の意味に変えてしまった「名言格言」をひめくりカレンダーにしたもんらしいです。糸井さんとかサトエリが審査員になって、一般公募から選び抜かれたらしいので、それはそれは素晴らしくシュールです。
済んだ目をした少年」とかさ。あとからクる笑いって好きでさあ…
毎日めくって格言に思いをはせてると、人格がさらにゆがみそうだ。

元旦からコーヒーを飲む準備の途中で二度も火傷しました。水ぶくれできました。
2日はカッターで人差し指をバサリやりました。(フリーダムつくってたせい)
今日はウインナーを切るのに、中指の爪の付け根をサックリやりました。血が止まりません。
呪いですかね? 今年は指に厄ありと。まあ、どうでもいいや。
えと、どういう仕組みかはわかりませんが、元旦の18時に拍手くださった方、ありがとうございます?

つーわけで、やろうと目論んでいた企画は後回しか立ち消えの方向で。これでがまんしてください。

戌年!


新年明けましておめでとうございます!


wepclap*http://webclap.simplecgi.com/clap.php?id=synchro
コソリつけてみよう……PC・ケータイ問いませんのことよ。


posted by 百武 晶 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

暮れの元気なご挨拶。

本年最後の記事投稿になりました。
できれば入れたかったローグプレイ日記05は、第八章の遺跡巡りにてこずり、無理でした。早く終わらせてアビス遊びたいのは公然の秘密ですよ。

えと、始めた当初より書くぞ! と決めていながら、未だ着手せずというテーマがいくつかありまして…
その一。「紋継ぐ」もとい、「ロト紋」について。
その一。「玄武開伝」について。(というかどうなのよあれは、という趣旨の感想)
その一。飼い犬の名前の由来にもなった、多分誰も知らないOVAについて。
その一。ハガレンゲームの主題歌として使われながら、CDリリースされなかった名曲について。
これらに来年こそ挑んでみたいです。

大晦日→新年にかけて行われる行事には、「古い魂」を殺して「新しい魂」へ生まれ変わる、という意味が古来より込められているらしいんです。そういう節目なんだってさ。
新しい命じゃなくして、新しい魂をもらえるんですよ。すげくねーですか。欲しいなァ、新しい魂…こんな、物事を穿った角度からばっか見上げて、ヒンシュク買うようなことばっか考えるくらいならねぇ。

たぶん、来年になっても反感買うよーなすれすれのことをダラダラ思うまま書いていくと思います…すみません。
アンチ種デス精神から始まったとはいえ、(視聴を乗り切るためですよ)よく続いたもんですね。根気がない自分がよくもまあ。
あんまり自分の考えなんか外に向けて伝える意味も意義もないと思ってたし、思っているけど、微々たる数でも読んでくれる人がいるんだから、たぶん、無意味ではないのだろうかと。
何もしないよか、ましだ。ちょっとだけいいように考えてみた。

小説として、脳内のシン・アスカを曲がりなりにも形にできたことが大きかったですね。
それを読んでくれる人がいた、ってのは、改めて考えるとすごいことです。
で、何人かは感想をくれて、それはそれは嬉しかったですよ。
同じもの見てたり、考えてたり、想像の先で交わることがあるんだなぁ、ほんとに。
今後も小説はちまちま続けていくので、のんびりお付き合いください。

そんなとこです。
月並みなごあいさつ。みなさま、良いお年を。
三が日の間は新規投稿お休みしまーす。でわでわ。
posted by 百武 晶 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

携帯の人にお願い!<追記>

Web拍手のバージョンが新しくなっていて、移行をしてみました。
下記のアドレスから、拍手画面に行けるはずなのですけど。
試していただけないでしょうか。上手くいったら、その旨コメントで知らせてほしいのですが。
↓Web拍手



お礼イラストはたぶん見られない…
5、6人は携帯でのアクセスがあるはずなのですけど。


<追記>
結果から言いますと、これで携帯から拍手が送れるみたいです。
29日に拍手してくれた人は9人。もしくは、9回?
0時に2人。
2時に1人。
19時に5人。33分に携帯から可能だとお知らせ下さった方、どうも! 画像も見れるんですね、ほうほう。私が試す携帯は第三世代ですらないからな(w
22時に1人。
この日、携帯からのアクセスはお1人なので、あとはフツーにPCからの人が押してくれたんでしょうかね。えーと、どうも。

Web拍手は設置しても、解析画面を確かめに行って「ゼロ」であるという結果を見るのがツラすぎるので、嫌いです。精神的ダメージが大きいから、通常設置はしないです。
小説のあとにだけ、こっそり反応用につけることにします。
このブログの解析見に行くのも鬱なのにね。
最近、ザラに100越えするんで背筋寒かったんですよ。いつかハズすに決まってるって。したら、昨日70まで落ちてましたから。トップページに来る人が一桁。アイタタタ。
ここに来る人にとって、何の記事が興味を引いて、何の記事が興味を削ぐのか、さっぱりです。
いつも落ちるの急だから、心臓に悪いよ。徐々にしてほしいよ。

posted by 百武 晶 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

スタンドアロンで結構・フォームお返事。

ああ、そんなこったろーと思った。
実験は失敗ですよ。公式HPに携帯からも送信は可能であるとは書いてあるけど、私が試した機種では見えなかった。タグが本当に通用しないらしい。
他の人がどうだったのかは知らない。表示されなかったんじゃないですか? 

にしても、本当に拍手って押されないよね。つめてえの。空しいわ。そこにあるのは悪意なのか無関心なのか気にしはじめると鬱りますね。
記事なんかろくに読まれてないんじゃないかと思うよ。
伝える意思っていうか、ワンクリックも惜しまれるんだから、そこんとこは無関心の境地だよな。

押してくれたのたった一人。ありがとうです。
27日の午前一時か二時だったかな、メッセージどうもです。絵ホメられたのなんて何年ぶりだ(笑) あのレイシンがいちばん自分のイメージに近く、うまくいってるかなという感じですが、見た人がこの世に二人しかいない。笑える。
そう、以前設置したときに、たった一人押してくれて、初めて小説の感想を伝えてくれた人のメッセージが、データをメール送信して残しておかなかったために、もうサーバーから消え去ってしまっていたことが、すっごいショックでした。二週間しか保存されないんですって…ガーン。あれはとても貴重で嬉しかったのに…自分、バカすぎ。
ごめんなさい、ごめんなさい。

27日02:10に頂きましたフォームのお返事です。

続きを読む
posted by 百武 晶 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

クリスマスキヤロルとフォームお返事。

なに、このアクセス数。もしや、クリスマスに投下された種デス爆弾について毒づくのを期待されてたんだろうかw

だいたいの人間はたぶん自分のことが嫌いなはずで、たまに自分大好きーな変わったのもいたりするみたいですが、愚かな自分の失敗に不幸すら感じる瞬間があると思う。
ほんの小さなしくじりに、立ち上がれないほどのショックを受けるワナ。
毎日には小さな不幸がいっぱいさ。
そんな私のクリスマスはやっぱり、クリスマスキ殺ロル的要素満載ダッタヨ。

・レンタル屋でタダ券をムダにされる。
・自販機で選択したのと全く違う飲料が出てくる。
・今年のM1勝者はブラマヨだった。(これは関係ない)
・たまに酒(百円の缶チューハイ)を飲んだら、風邪薬の相乗効果か酔いが回る。
・足元がふらつき、ノートPCのコードに足をひっかけ、接続部を破損する。

一個目は詳しく説明するとせこいだけなのでやめる。己らの不手際を、客になるたけ還元しないで損失を抑えようとする姿勢なわけ。
自販機は、陳列されてもないのが出てきた。私が飲みたかったのは濃縮果汁系であって、栄養ドリンク系の炭酸じゃねえ! 今まで2X年生きてきて、押したのと違う飲料出てきたことなんて、一度たりともないよっ! ありますか、あるんですか、そんな手違い! 商店に文句も言いに行けない。休みだから。すごすご帰ってきた。のろいの言葉を書いた紙を挟んできたけどな。
…接続口がいがんでる。差せることは差せる。たぶん充電もしてる。たぶんだけど。
修理も新品購入も値段に大差がない。それがりんごクオリティー。
9000円かよ。差込口のみが破損しただけなのに。いい加減にしろ。

これらの不幸をすべてなかったことにしたい所存です。
特に最後の。見て見ぬふりを決め込み、だましだまし使いたい。
小さな不幸の積み重ねが、あたしの人格をよけいに歪ませるんである。


こんなヤツがクリスマスをネタにSS書くから、あんなことになる。
聖なる夜に恋人(未満ですが)に好きだと(無意識で)口走りながら、「堕ちろ!」って思ってんですからね。ダークすぎるよ、シンちゃん。

そして、またぼやく。前と重複するかもしんないけど(w

小説書くのってものすごいしんどい作業なんですよ。自分でも書いてる方なら知ってるかもしれませんが。(あー、まー、才能溢れる人なら楽しい一辺倒なのかもしれないが)
ホントに、少ないボキャブラリーの中から脳内映像をより明確に文章化するために、選択し組み合わせ、とやりくりしまくってね、これっていうのをひねり出すわけ。能なしぶりを痛感しながら、血を吐く思いで書いとるんですよ。
私の場合ズブもズブの素人なわけで、小説と呼べる形を成したものであるかも、自分では判断できません。読み手に伝わってるのかなんて、そんなのまったくわからない。
まず、わかったのかなーと。それが心配。意味不明で終わってたら泣けるし。で、
おもしろかったのかなー?
果たして伝わったのか、なにか一つでも要素を共有できたかな?
何を思ったのだろうか?
というのは気になるんですけど。知りたいんですけど、なかなかねぇ。
アップするたび、アクセス解析の数字とにらめっこです。
まぁ、今度の「落下速度」は動きが鈍い。
こういう場合、どう自分の中で処理しようかと思いますが。
えーと、たぶん、読んでも特になんも感じないとか、そんなとこかと。
でも読めなくはないんだ、みたいな。
がんばっても報われないもんだとやさぐれてました。
私か、私が悪いのか?
人を遠ざける電波出しまくりですか。

上手い人は、ちゃんと突っ込みどころを残して、ある程度の展開予測は読者に立てさせながら、やっぱりそうキタかっていう、一種のカタルシスみたいなものを与えられるようにしてあるんですよねぇ。ああ、懐が広いっていいね。
私なんか、なるべく突っ込まれないように気をつけながら隙間なく書いてますからね。ダメなんだろうな、そういうの。

まぁ、私の返事の仕方も下手であれですけどね。コメント返し下手すぎ。
わかりづらい点があれば、質問して頂くと、そこそこまともに答えますが。あれはどういう意味なのか、とか。よくわからんのだが、とか。
ぶっちゃけ、反応ないのがさびしいを通り越して苦しい域に達してたりしております。ええ、読んでいただけるだけ幸せって思ってますよ、ちゃんと。

前にコメントつけてくれた人は今でも読んでくれてるのかな、とかふと思ったりする。
二人くらいいたよねー。もう来てないかもしんないけど。不定期はつらいね。
携帯の人はリファラ元でたどれるので、来てくれてるのはわかってます。

なんか、いろいろ上手く立ち回れる人になりたい。
うまいことこなせる人になりたいよ。
隣の芝生は青い。そんなことばっか言ってどうする。


24日の21:48にメッセージくださった方、ありがとやんした。
25日の23:37にくださった方。報われました…!(´Д⊂ 追記でお返事です。



続きを読む
posted by 百武 晶 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

オケ版ジャケイラ(毒吐き注意)

前から書いてますが、私は種、種デスに作品としての愛は毛スジほども持ち合わせてないです。
毒吐きます。そういうの読んで不快になりたくない方、こんにゃろ!とコブシを振り上げたくなるタチの方は読まないで頂きたく。

























キラとシンが並んで座った後ろに、アスラン。
キラ、笑顔。
アスラン、笑顔。
シン、拗ねたようにそっぽを向くが、まんざらでもない(悪意がない)。
この、すべてが丸く円満に収まったかのような画ヅラに耐えられない。
あー、こーやってまとめんのかァと。
なんにも終わってないのに。
始まってもなかったのか?
この三者の間に出来上がったであろうドラマを想像するにつけ、実際は本当に空っぽだったなと思う。そこには何もなかった。
アスランとは譲り合えず、分かり合うこともなく、言葉を交わす機会すらほとんどなく、最後に殴られて決着(のつもりでしょ?あれ)、しかも生身でなくMSでだ。
部活内のさ、折り合いの悪い先輩後輩だって、もうちょっと会話したり、関わらざるを得ないんじゃない? 仮にも、奴らは国家を背負って命かけてやってたわけでしょ?
キラ。これはもう…さんざOPで前フリしておきながら、前半で「親殺し逆恨み」フラグを踏み倒されたからな。シンは、フリーダムのパイロットが何処の誰で、下手したら名前も知らないっつーの。シンにとっては顔のない、その他大勢の殺してきたザコMSのパイロットと大差ないはずだ。なんといっても接点があのインパルス総力戦の戦闘しかない。(慰霊碑のイベントは製作者が忘れたフリを決め込んだはず)
ゆえに、キラに至っては人として接点がない。
シン自身は、あの戦争の中で失いはしたけど、得たものはとくにない。あるとは思えない。
考えないといけないこと、振り返り省みるべきこと、抱える問題について全く解決されなかった。触れられなかった。テーマはすべてスルーされた。
だから、あんなジャケイラで拗ねてはいるけど、もうわかりあえてますよ、みたいな好意的な雰囲気は出せるはずもない。
あの三者を並べ、さも歩み寄りがあったかのような描写に、虫唾が走ってしょうがないんである。嘘ぶっこくな! と思うわけ。
いいように捻じ曲げられるのはもうたくさんだと。

だから、なんでアニメ終了後に発売のサントラジャケ絵にここまで噛み付くかというと、第三部への布石になりかねないからだ。(どうせやんでしょ??)
シンが、アスランのヘルプかなんかの折に、改心したんですよ、みたいないい顔してチョイ役として引っ張ってこられるのがイヤなんである。
殺戮に走って、あやうく世界を滅ぼすところまでいきかけた悪の帝王候補のシンが、アスラン(評議会議長に収まるってのはムリが過ぎるが)のために、つまりは建前ばっかが先行する正義のために、使役されるなんて悪夢としかいいようがない。偽善者のシンなんか…!!!!
そんで私は以前からシンのことはほっといてくれほっといてくれゆーとるんや。
世間がどれほどもてはやそうが、私の脳内でSEEDはもう終わってる。耐え続けた一年を、もう一度体験する気力はない。
posted by 百武 晶 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

死にメディア。

アビスが予定通り届いてしまいました…ローグの総プレイ時間が4時間にも満たないのに。
クリアファイルが欲しかったので、Playstation.comで買ってみました。藤島康介氏のイラストが素敵ー。主人公のツラが思ったより悪人ぽいやんちゃですね。中に仕切りが2枚ついてて、結構立派。使えそうなやつです。しかも二種類だ。
予約特典のファンダムDVDはどうでもいいや。

なんとなくそんな気は初めてMステで聴いた時からしてたんですけど、小説書くのに役立ちそうだから、宇多田の新曲をダウンロード購入。
…曲単価が150円から200円に戻ってるんですけど? Moraだけかと思ったら、アップルの方も同じく。
どうも、アップルの150円って値段設定は、最初だけだったらしく、値上げしたようだ。セコっ。
音楽業界のエラい人は、音楽をネットでダウンロード購入して聴くという文化を根付かせる気がないんですね。CDっていう既に死んでるといわれて久しいメディアを捨てる気がないんだ。売り上げがこれだけ下がってるのに、まだCDで儲けようとか思ってんの? しがみついちゃって、無様だねぇ。
アップル参入で状況は良くなるかと踏んだが、ムリみたいですね。

いざ、MDに落とそうとしたら、書き込みエラーの連続で、一向に成功しないというトラブルに見舞われました。
えぇっ、もう壊れた!? まだ二年と使ってないんですけど!
お客様相談センターに電話。込み合っているので折り返し連絡。あれだ、ソニーはこの間出したばっかの新機種の付属ソフトが不具合ぶっこいてて、サポートセンターもおおわらわなんだよ。
結論からいうと、自分で試行錯誤した方法で、転送はできた。充電池の関係のような気が素人的にはしてます。新品に交換したほうがいいのかも。
サポートセンターの人には、ソニックステージのアップデートを指示されまして、アップデート後に再度試してダメだったら故障でしょうから、専用の窓口に相談してくださいっていう待たされた甲斐のない返答を頂きました。役にたたなかったわけです。
バックアップまで取らされ、いらんバージョンアップまでしてしまった…

ヒカル嬢の「Passion」は、やはりよろしいです。
気持ちよく叫んでる感じを聴いてくれたら、と本人がコメントしてたように、響き渡る声が心地よいです。聴いてたら、過去にでも未来にでも行けそーです。
今、歌姫とメディアに呼ばれる歌手が何人もおりますが、実際、歌姫と呼んで良いのはヒカル嬢くらいなもんです。このひとは他とは感性が違う。旦那と仕事するようになってからと、それ以前ではまるで曲の世界の広がりが違う気がするから、旦那の存在は偉大だと思う。上手くいってる間は良いものが作れるんじゃないだろうか。頼むから別れてくれるな。

あとはOCEANLANEを落とした。
「Burn」
「Tommorow」
「Haze in Heart」
「Scent of the Air」
この記事をきっかけに、モーラで試聴したりしてみる人って…いないんだろうなぁ。

おもしろ検索語句
これやってておもしろいのは私だけだろう。あきるまではやるぞ。
12/10
「シン崩し」…2件あったのは、同じ人が? この語句で検索したことが不思議でなりませんが、それにヒットしてるウチはもっと不思議ですか。
「グラトニー バック」…バックって?! グラトニーでッ。
12/12
「60分の1ストライクフリーダム」…また来た!!
「シン 赤い目 デスティニー」…その通りなんですけど、なんで最後にデスティニー?
12/3
「燃えー」…うーん。燃えたろ?by草薙
「ルナマリア・ホークのパンチラ」…バッカじゃないの、とルナは言うと思います。その一文はありますが、ここにはパンチラそのものはありません。
「アスメイ・真っ赤」…何かを取ろうとした瞬間に二人の手が触れて! ベタにゃーにゃ!!
「シン=アスカ(犬を」…また来た!!!!
「シン(犬を)ルナマリア」…ここから導き出される答えがわかりません。
12/14
「シン・アスカについて語る」…まぁ、語ってはいますけどね。変な方向に。
「輪廻回帰」…だから、これにヒットするウチってどうなんですか。

疲れた。ただの日記ですみません。
posted by 百武 晶 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

犬とローグとフォームお返事。

「BLOOD+」の第二クールの主題歌がHYDEって本当デスカ。
ラルクとしてではなく、ソロなのですか。ちぇ〜
もう一人が中島美嘉って。まさかバカ売れしてしまった前回のに味をしめて陰謀が動いた?HYDEは関係ないの? 調べる気ですか。ないですよ、そんなもん。

えーと。昨日の話をする。
前に書いた本屋にいた犬の話題を覚えてる人がいるかどうか知らないが、とにかく、もう会えないだろうと思ってたのに、昨日、会えました。運命運命。
シン2号ですよ。2号はまた本屋の前に繋がれておりました。犬小屋が堂々と本屋の出入り口の前に置いてあったので、本屋の犬だったようだ。さぶくなったから、寒さよけに小屋が置かれたんだと思う。
2号は今日も毛並みがツヤッツヤ。目がさびしそーで、やっぱり耳の先っちょが垂れている。
かわいい、おまえはかわいい。
そして、やっぱり撮影ツールを何も持ってない私。いつか撮るから。次は撮るから。逃げ水やってる間に……!(希望)
人の入りが少なかったので、20分くらい寒空の下で2号と遊びました。
また、暇つぶし用のぬいぐるみがおいてあって、それでひっぱりっこなどを。
腹を押すと、ぺこぺこ音がなるやつ。
だって、わざわざそれを咥えて、音を鳴らして、遊んでくれやアピールをされたら、遊ばずにいられますか。
ヤツの権力ピラミッドにおいて、通りすがりの私がどのへんにランクづけされたかは謎ですが、お手といったら5分の1程度の確率でしか返してもらえませんでした。
大型犬のお手は重量感があっていいね。うっとりするよ。チワワとは違うよ。
頭やアゴをなでようとするが、人懐っこいヤツは、手を伸ばすとすぐに甘噛みしようとする。手入れの届いた犬は歯までピカピカだ。歯垢なんか一片もついてない。そして、鋭い。甘噛みでも痛いわけ。
すっ転がって甘えて、もう少しでハラを見せるとこまでいきそうだった。
どうやらヤツはメスだ。メスかよ。
客が出入りしようが、遠くで犬が鳴こうが、ヤツは一声も鳴かない。すごい。なんてしつけが行き届いてるんだ! まぁ、じゃないと店の前に繋いでおくわけないですが。人を襲わないという確信が飼い主にはあるんでしょう。トップブリーダーか。あなどれんな。

帰って、ガンプラ作ってました。
明らかな現実逃避で。
フォースでもソードでもなく、フリーダムを。
フリーダムのウイングはかっちょいい。できたの片方だけだけど、うっとり。
どうも塗装が必要な気が今からしている。塗装…塗装……
サビサビのまったく刃のとがっていないニッパーでガンプラ作るのはやめた方が良いと思う。
枠から切り取って、部品に残ったチョボを切り落とすのに、一苦労するから。
私、いちいちカッターで削り取ってるんですけど。超手間なんですけど。えぐれるし。

本当は私はローグをやりたいんですよ、やりたいんですけどね、できない。
己の痛恨のミスのせいで。
薄くて小さい新型PS2の稼動音あまりのうるささに、プレイが妨げられるから!
あんな煩いなんて思いもしなかった。初期型でもあそこまで音しなかったぜ。あれ、騒音のレベルですよ。
静穏設計は継承されてないってのを失念して、薄さにつられて買い換えたバカ
もう、稼動させた瞬間、呼吸止まればいいのにと思った。
私にもっとも大切なのは、薄さではなく、静かさだったのにね。
だいぶ神経質なもんで、音がダメな性質です。隣家の室外機の音にも困るくらいの呆れた聴覚です。あといろいろダメです。現代に生まれたのが間違いです。
SCPH−70000〜75000番台は買うのすすめません。
中古でも50000番台にしておいた方が良い。(スケルトンのブラックはやめたほうが良い)
これからですか。売って、50000番台の新品買い直しますよ。痛恨のムダ出費ですよ。

ローグは、だから、最初の戦闘までだから10分もやってないんですかね。
ともかく、音が気になって、ショックで、全く内容に集中できないわけです。
玉木の演技がどうとか、ぜんぜん頭に入ってこない。
ただ、いきなり状況説明の文章が冒頭に出たのは不安材料です。
これは、ダメな作品の代名詞みたいなもんって言われてる手法だから。
山寺キャラが出てきて、なんか戦闘になって、あっというまにゲームオーバー。
……戦闘は、取り説読まないとダメみたいです。フツーは、テキトーにやってりゃ、初戦は簡単に勝てるようにしてあるもんですが、してねえよ。
こんな感じなので、ローグについてはまだ何も言えない。


フォームのお返事です。12/10 01:29に頂きました。
反応してもらえるだけ私は幸せ者だと思ってますよ。確率でいうと、結構いいとこいってるんですよね、たぶん。閲覧者の絶対数が少ないだけで。(笑〜
だから。無反応は否定ではなく、肯定と取ればいいんですよね。ね!
 続きを読む
posted by 百武 晶 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

「コスプレ王選手権」

は〜ん、コスプレする人のこと、コスプレイヤーを略してレイヤーっていうんだ。
知らんかったよ。

でもな、
あのアイリスはあかん!!

狭い世界のはちきれんばかりの膨脹感? がどうも…
この世界って中学生くらいから慣らしてないと無理ですね。たぶん。

赤服!! 
比較的エリートじゃなくてエリートって言っておくれよ。アイリスの人。

…萌え萌え戦隊萌えレンジャー?
最近のブームでメイド喫茶がニュースでも取り上げられるが、メイドってさ、二次元においては萌えてステキ存在だけど、現実に出てくると、なんか、違うよね……
うわっ! て思うのは世界観をブッ潰してくれてるからな気がする…
やっぱ妄想上の生き物でおいておきたいニャ。

あ、コタローや。あとわからん。
あ、白。
アニメの小物って、マユのケータイとかないんかい…?
いろんな店があるね…
トーキョー近郊に生まれなくて良かった。田舎者で良かった。

弓親から斗貴子さんかよ!! この人すごい、ステキ!
あの「へぇ〜」ならぬ「萌え〜」ボタンは異様…
レンはいまいちか。

アスカはかわいいなぁ。ワンピース寒そうだけど。
ラグナロクはわからん。腹出せるっていいね。てかすごいねぇ。

らいむに怒りを通り越してかわいげを感じてきた。あかんやん。
萌え写って。なんでも萌えつけりゃいいってもんじゃねーだろう。

電波受信したってほんまに言うひとおんねんや……
ほんまに絶対領域ってあんねや…!!
ミニスカとソックスの間の生足部分ね、ルナマリアも持ってるあれね?

自分の領域を守るために、ルールに厳しい…
衣装つくる過程は見てるとおもしろい。(お菓子でも何でも作ってるとこ見るの好き)
想像→創造。あそこまでくるとクリエイティブの域だな。

某電車の影響でそんなに秋葉原の平和は乱れてるんですか。

どうでもいいけど、「キキワン」の発音は誰のどれが正しいんだろ。
今度は絶対服従かよ。スカートのドレープ具合は萌えかもしれん。
うん、私もおでんがいちばんカワイイと思いました。

結局、メイドコスプレは、アナウンサーのがいちばん萌えです。
……所詮もとの容姿がものを言うのかねぇ。

オタク気質のくせにコスを許容できなくてごめんなさい。
部屋にガンプラ飾ってんのにごめんなさい。
微妙なやおい書いてるくせにごめんなさい。
だって、レイシンが好きなんじゃああ!!

お疲れさまです。


posted by 百武 晶 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

ガンプラ漂流記とフォームお返事。

セール1また罪を犯しました。
買っちゃった(≧∇≦)ノ彡☆

HG1/144ソードインパルス。¥945
値引きしてあると買わなきゃ損なような気さえしてしまう、さもしい心の持ち主です。同じくセール中の1/100と迷ったんですけど…1/144レジェンドを買う予定だから、ソードインパルス兵装の対艦刀エクスカリバーをアニメでやってたように、レジェンドに持たせたいという野望があるわけさ! その為に買っちゃった。ああ…でも、いずれ1/100も買う羽目になる気はするんだ。だって、対フリーダムの決め手はエクスカリバーで串刺しだったっしょー。だから、ね?

はい、てじなーにゃ!!

セール2さらにトチ狂って、罪を重ねる。
もう、ガンプラ売り場さ迷うのも、買うのも恥かしくもなんともねぇです。慣れってこわいね。(てゆーか大事なもんを捨て去ったんだおまいは…)
1/100フォースインパルス ¥1386
1/100フリーダム ¥1500
因縁のインパルス対フリーダム!! 私は気力が続けば、うまくやれれば、アニメで踏み倒された「親殺しの仇」フラグを出来うる限り生かして小説を構成していくつもりなので、どうしても1/100が欲しかったんだ。ディスプレイしてあった1/100フリーダムがカッコ良かったのもあるし。だから、いずれはソードインパルスも1/100が欲しくなっちゃうだろうな、っていう寸法です。


クリスマスから正月にかけて、また三割引セールやるだろうから、その時を狙ってレジェンドとインジャスは買おうかと。ガイアも欲しいかなーなんて思いつつ…だって、お犬様に変形ってイカスよね、やっぱ。レイくんに搭乗させてあげたいくらいに……
どこまで散財が続くか見物だな、こりゃ。

売り場にね、親子づれがいたんですよ。30代の父と、3つくらいの男の子。
1/144で手を打つか、1/100を取るかで悩みまくる私のそばで、息子がガンプラの箱を持って父のとこに行くわけさ。でも父は自分は目当ての大物を既に抱えてるくせに、「これは組み立てないとダメだから、難しいからダメ」とか無下に却下して。それでも息子は商品を買えてまたお伺いを立てに行く…を三回ぐらい繰り返してました。笑えた。
ガンプラのことはわかってないけど、とりあえず何か欲しい息子がかわいかったよ。

早く建造したーい。
でも、先にやることあるからムリですな。
昨日…てか、日付変わった深夜に書いた記事ですが。
アスランについてこれといった人物像をお持ちの方は、ここには来てないようです(笑)
みんな、わかんないんでしょうね。何を好み、嫌うか。何が正義なのか…
若干一名さまが反応してくださいました。ありがとうございますぅ。
皆様、遠慮しぃですね…いや、べつに。

フォームのお返事。12/5 01:47に頂きましたv


続きを読む
posted by 百武 晶 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

宇多田ヒカル嬢の新曲。

やっとブラッドのTB作業が終わった…
100とかぶら下げてる人ってタイヘンだろうなぁと思う。私は自分にゃ20ぐらいが分相応でいいと思ってますよ。飛ばしてくれる方がいてありがたいです、ほんとに。(泣)
まぁ。たぶんどこかにぶら下がってるのを順に飛ばしてるだけで読んではないんでしょうけど(笑

↓とかいいつつ、書きたいことは書いておきたいのだった。
ショックで金曜に書けなかった記事を。
Mステでヒカル嬢の新曲を聴いたんですが、直球だった純愛ソング「BE MY LAST」とは一転、な曲でした。浮遊、反響、異次元を思わせる不思議な曲だった。詞が難解っぽいですね。好きだったあの子がこの冬に子供を生むとかさ、男女両方の目線混じってる感じで。来年子供作ったりすんのかな。
今度のPVは凝ったイメージを目もくらむような色彩で表現してあって、イイナ…うう、「BE MY LAST」のPVつきなんか買うんじゃなかった…
この「Passion」はスクエニのゲーム「キングダムハーツ2」の主題歌になってますが、はっきりいって勿体無い。「KH2」は今のところノーマークだけど、間違いを起こして買ってしまいそうだ(w いやいや、釣られるならヒカル嬢のCDを買えww

金スマで勉強しました。「八犬伝」の衣装を担当されているワダエミ氏はすごい世界的デザイナーで、映画における衣装デザイナーのさきがけという方だそうです。
チャン・イーモウ監督の「HERO」「LOVERS」の衣装を担当されていたのもこの方だとか。映画は見てませんが、さんざん番宣で目にしていただけで、あの色鮮やかな美しい衣装は記憶に焼きついてますもんね。
ということで、ドラマの衣装も心配しないでよさそう。
うー。早く信乃の女装が見たいぞ!!

黒猫#5はビデオ録れてませんでした。よって感想は書けません…

来週は8日に「ローグギャラクシー」が出るので、プレイ日記開始です。(たぶん大丈夫
逃げ水2−4は週の早いうちにアップするのを目標にしたい…
読んでやるぞ、という方はバンプの「supernova」でシンちゃんの気分でも味わっておいてください(笑

posted by 百武 晶 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

アクセス解析フー…↓

アクセス数の話ですが。
ここ2週間くらい、80超えたり100いったりしてたので、おかしいなと思ってたら、急に今月に入って40切りました。
なにが悪かったんでしょうねぇ…毎日80を目指しつつ、50を切らなきゃいいやっていうスタンスでやってますが、40切るとは、さすがに堪えマシタ……
そんなに私が書く事ってつまらんですか。やっぱり私に人様の興味を引くなんてこと無理っす。ぐはー。
毎日がんばって記事書く事もないか、と思いなおしてたり。
「BLOOD」「結界師」「小説」に絞って記事投稿すべきかも。だって、いくら自分の書きたいこと書きなぐる趣旨とはいえ、40人にも読まれないブログなんて価値ありますか。
なんだかんだいって、もう4ヶ月ほぼ毎日投稿してて、この推移はマズイだろう。人はそれでいいじゃん、って言ってくれるけれども。
私にも人並みにモチベーションなるものがあるアルよ。
なんか、よくわかんないけど、ダメだめな気がするんだ、激しく。

最近の語句検索でダメなやつをピックアップ企画。
10/23「レイぃ シン」…狙いはバッチリ。この時のシンはかなりもうドロドロです
10/24「看護師」…逃げ水2-3にあった語句にバチコンと。お気の毒です。参考文読んでから飛ぼうね!
10/25「シン=アスカ(犬を」…どうしたかったんだ、どう。
10/26「百武はちみつ」…使い慣れないHNでもびっくりしたが、そういうはちみつがあるらしいよ。
12/1「俺 へそ 胸の突起」…すべての単語にバチコンしてごめんなさい。そんなエロを書きました。ごめんなさい。
12/2「シン=アスカ(飼い犬」…25日と同じ人か? シンは犬を飼ってると思いたいのかな?
12/3「シン・アスカ(MSに乗れなく」…んまッ! そんなことになったらシンちゃんは生きていかれませんよ! MSに乗れなきゃ存在意義そのものが問われかねんっ!
12/3「ジュリア アオザイ」…ぷぷっ(失笑)。

どこ行く…
posted by 百武 晶 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

いいともと種デスの未来(夢)

今しがたBSの番組に、ステラこと桑島法子さんが出てました。
「同じ作品で二役演じられる時に意識していることは?」
という質問に対して、
「特に意識はしないですね。役がおりてくる感じで…」
と答えた桑島さんに、アナウンサーが返しました。
イタコですね!」
国営放送のアナウンサーも割と失礼だなと思いました。

「いいとも」が終わるらしいですね?
タモリの「長期旅行ができないストレス」もついに限界か! 日本のお昼はどうなるんでしょう。という情報をキャッチしたせいで見た夢と思われます。
夢ですからね。夢。
テレフォンのラスト2のゲストが小泉孝太郎でした。
いつもどおりタモリが送られてきた花について触れます。
「お、首相から来てるね、花!」
「ええ、まー。親父ですからね…」
だいたいの女は秒殺されるだろう孝太郎スマイルが炸裂です。首相や選挙ネタにも嫌な顔一つせず、人当たりのいいあの笑顔でなんなくかわします。政治家には必要なスキルです。
で、最後に孝太郎が呼んだゲストが、小泉首相。
いいとも最後のを飾るゲストとしては、他にないくらいの人選か? 20年とか続いた国民的番組だし、首相がタモリを褒めてやってもいい気はするよ。
夢ではちゃんと首相が来て、タモリと握手してた。
うーん、大団円。(笑)

もう一つは珍しく種デスの夢でした。
なんで見てしまったのかは、言わなくてもわかると思いますが。ちっ。
レイのいないアフターエピソードなんぞ、私にとっちゃあ、地獄絵図も同然ですよ。
よっぽどハラワタ煮えくり返ったのか、私の脳が捏造した夢のアフターエピソードはすっごかったですよ
・戦争が終わってない。
・レイがなぜかミネルバの艦長をやってる。
・どうも世界征服に乗り出している。
・そしてヒゲだ。レイがヒゲヅラだ。それも無精ヒゲのレベルなんかではなく、ライオンロボみたいなカクカクしたすっごいヒゲ(金色)。人様にはとてもお見せできません。あんなのは放送事故になります。
・メイリンが副長。ヒゲのレイに怒鳴りつけられるように命令されてた。「はいぃぃ!」悲鳴まじりの返答だった。…気の毒に。
・シンはついに精神崩壊。正気保てず。不気味なほどずっと笑顔。笑顔すぎるほど笑顔。格好は、オーブの慰霊碑に行った時のアレだった。ワンボックスカーでタリアと日本縦断の旅をしてるらしい。意味がわからない。
・そこへデュランダルがやってきて、タリアとなにやら口論を始める。放置されたシンは車から逃走、笑いながらお花畑の中を駆けずり回っていた……

だから? って目が覚めた自分に突っ込みましたけど。夢だしなぁ。
私の希望が一つも入ってないです。ていうか、レイシンでもなんでもねーじゃん。
楽しくもなんともないし。なんでレイ様にヒゲだよっていう…

posted by 百武 晶 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

「里見八犬伝」

「八犬伝」が実写ドラマ化されるらしいです。正月に二夜連続放送とか。
番宣も流れ始めてるそうですが、私はまだ見れてないんです。ショボンヌ。
十代の頃だったら、もっと良かったと思いますが、

信乃がタッキーだ!!

うわー、早く見たい。どんな感じか確認したいよ、と思って公式HPへ行っても扮装後の写真はなかった。ポスター撮影の様子紹介でちょっと見られるくらい。それも信乃はいない。小出しにするんだろう…もったいぶってからに。わかったのってキャストぐらい。
一時期、熱狂的にハマってた「八犬伝」ですが、どんな話だったのかと言われても、答えられないです。漠然としたイメージが残っているだけだったりして。でも好きだったんだ。
「村雨丸」という妖刀をめぐる怨念と復讐の物語?
伏姫が八房という犬の子供を孕んで、生まれたのが八つの玉で、その玉が転生した姿が八犬士だったんだっけ。
OVAの「THE八犬伝」と碧也ぴんくのマンガがごっちゃになってるのでいい加減ですけど。
信乃と親兵衛が好きでした。アニメの方の。信乃は声が関俊彦さんでね、りりしくてナイーブで素敵だったわ。苦悩する美形が良し。親兵衛は特別扱いな子なんで、描かれ方もひいきめだった。しなやかでのびやかな動きが萌えでした。
タッキーの信乃姿が見たいぃ。

<キャスト>

犬塚信乃:滝沢秀明…信乃といえば伸び放題のポニーテール。でもきっと違うんだろうな。
犬川荘介:佐藤隆太…この人大柄だったような。少なくとも信乃を襲うエピは妄想できないな(笑
犬山道節:小澤征悦…道節カッコいいのにな。別役の山口さんのほうがよかったな!
犬飼現八:押尾学…この人自身の事情はともかく。割とハマってるかも。
犬田小文吾:照英…大男といえばこの人みたいな。
犬坂毛野:山田優…ハマり役かも知れないと思ったりしたけど、演技がついてくればな。
犬村大角:勝地涼…若ッ。大角ってまとめ役じゃなかったっけ。荘介この子が良かった。
犬江親兵衛:山下翔央…ジャニの子みたい。知らないけど、ま、かわいいんだろう。

伏姫:仲間由紀恵…あー(納得)。
浜路:綾瀬はるか…誰でもいいよ。はまじなんて。
玉梓:菅野美穂…うっわうっわ! 悪そう。すっごい悪そう。
船虫:ともさかりえ…アニメじゃ玉梓と同一扱いだったんだけどな。
網乾:田辺誠一…ヘンタイの役が多いな、最近…。

衣装が有名な方みたいです。八犬士はみんなおちぶれて貧乏なので、あんまり華美になりすぎないといいと思います。
CGも使うんだろうな〜安っぽくならないか心配です。
芳流閣はやるみたいだ。屋根瓦がガラガラ崩れていくのとか見られるのだろうか。

posted by 百武 晶 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。