2006年03月06日

このブログの行方。

をどうしようかと思案中です。閉めるのはまだ早いだろうか、BLOODだけで細々と続けて行こうか、ちょっと休業しようか…

小説の反応がまったくなくってヘコんでたんですが、結局いつもくれるかたに頂けてちょっとほっとしてます……
意味が伝わらなかったのかなぁ〜とか思って心配してました。
他の方も良かったら一言くださると続ける励みになりますのでよろしく……
フォームお返事です。5日の15;17に頂きました。

続きを読む
posted by 百武 晶 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

「BLODD+」第二十一話所感。

定期的に特殊な血液を輸血しなければならないサヤの体調は芳しくない。ていうか生命活動に支障をきたしてそうだ。代わりにハジの血を頂くべきですが、それを拒絶する。
えー、それってどうなの? ヒロインとして、自分の足で立って欲しいんですけど。
動物園ってどこにあるんでしょうね。

フランスの片田舎でソロモンと遭遇するマオってすごい偶然ですね。
アルジャーノン氏がアメと一緒に登場してまずは一安心。
クローンの研究をしていた施設ですか?
ディーバがサヤのクローンだったり、その逆だったりですか?

サヤが戦えないもんで、シフ連中に襲われてもどうにもならず。
サヤはかくまってもらって、ハジが死闘を繰り広げる。もう、刺されて刺されて大変ですよ、ハジは。穴だらけで、それでもサヤを気遣ってるのがいじらしいです。
一晩中戦ってたのか、朝日とともにシフは逃げていく。
夜行性か。朝日を浴びるとしんじゃうみたいで。
呪いを解くためにサヤの血が欲しいらしい。人間にナリターイってやつかなぁ。
今回出てきて死んでいったギーの声が福山潤さんだったよ。

サヤはハジの血を飲んでればいいけど、ハジは一体どこからエネルギー補給を行ってるんでしょうかね。
posted by 百武 晶 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(3) | BLOOD+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

SEED-D SS「シンクロニシティー」

タイトルのごとく、ちょっと不思議な話。

文章の無断転載複写等は厳禁です。


続きを読む
posted by 百武 晶 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | SEED-D AnoterSide SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

結界師109話・110話

ブログをさぼりまくっています…ていうかほとんど放棄(w
だって、書く事がありません。去年まで何をそんなに書く事が毎日あったのかと、今では不思議に思います。アウトプットするばかりで暖簾に腕押しな毎日に、意欲の維持ができなくなったのかなぁと。
疲れた。んでしょう、たぶん。

第109話「空っぽの男」第110話「前払い」
白と松戸のエピソードがやっと終わりました。
暗くてじめじめした話で、好きじゃなかったです。
長い、空しい三角関係が最悪の形で清算されたんじゃないでしょうか。
白っていう男が空っぽと言われるとおり、よくわかりません。
リサに利用されていたといいながら、また彼は狐の姫様に同じようなことをしているんですからよくわかりません。
松戸はリサに頼まれたことから、本当は白を救いたかったようですが、それも解せませんで。
なんか、あんまり……なにがなんやら。
どうでもいいかんじで。
posted by 百武 晶 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 結界師(良守ウォッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。