2006年02月17日

FF12のCM

昨日書き込もうと思ったらシーサーのシステム障害とやらで飛んだネタ…
昨日一回だけチラっと見ました。
なんか映画の宣伝みたいだな〜と思いました。
ナレーションはヒロインの声やってる人なのだろうか。
使われていたのはムービー部分だけではなく、通常のイベントシーンも結構あったのかなぁ。
綺麗でしたね、やっぱり。
んで、主人公の露出が気になりましたね。もそっとマシなコスチュームにできなかったのか…
あいまいな記述が多いのは、一切前情報見ないようにしているからです。
今度のFFはおもしろいといいなぁ〜と期待をこめつつ。

バテン2のCMも流れ始めてる…
ああ、やりたいなって感じなのですが、まだ幻水5とどっちにするか迷ってますよ。

posted by 百武 晶 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「結界師」第108話

第108話「白と松戸」

…閃ちゃんってもしかしなくても男の子だったんですかっ。
えー…てっきり、男勝りな女の子なのだと思ってましたよ……
そういえばコートの下の体つきはスンナリしてて、胸はまっ平らで少年として描かれてありますかね。
カサカサするものが苦手なんて。
女の子みたいだなって言われるのが一番イヤだなんて。
確かにカサカサいう甲殻類系の虫は気持ち悪いけども。女の子みたいってつっこんだヨッシーの気持ちはよくわかりますよ。
ヨッシーがそういうの苦手な子じゃなくて良かった。
それで、また限のことを引き合いにだしてお前らは少数派だと言い切る閃ちゃん。
ヨッシーは、自分のことはあきらめがつくんだ、なんて冷めたことを言い返します。
自分をもっと大切にしなよ、ヨッシー…
自分の力及ばずで、周りの誰かが傷つくというのは辛いだろうけど、周りのひとだって、そういう自分を二の次に考える君を心配すると思うぞ。

白対松戸は…この話は暗いし、粘着質でちょっとなぁ…
うわべだけを求めた松戸とそれとは違う何かを求めていた白沼。
加賀美さんは、白こと白沼の元奥さんの似姿をしたあやかしのようだ。
白沼の妻リサの墓を暴いて蘇生させようとしたが上手くいかず、その結果、松戸がなにか危険なものと契約して、そのような姿をとらせ、振る舞いの仕方まで細かく条約にある様子。
奇跡に必要なものは、愛…
自分の妻を実験台にして白沼が手に入れようとしたものは一体?

加賀美さんの本性、正体が下賎な悪魔か何かだったことにショックを受けました。
あくまで純粋に松戸に仕えてる女性かと思っていたので…

それに良守中心の話にさっさと移行してほしいのが本音です。
白と松戸の昔話は陰湿でイヤです。

posted by 百武 晶 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 結界師(良守ウォッチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

「紋継ぐ」

ロトの紋章〜紋章を継ぐ者達へ〜
第一巻総括。

おもしろくなくはないけど、ロト紋の続編かと思うと気落ちするというか。
明朗快活な冒険活劇的なものをこちらとしては期待するわけですが、しょっぱなからアルスたちの取り戻した平和が再び混沌に陥って、世界から呪文が失われたって…

ドラクエなのに呪文が消えた世界が舞台って……!

主人公が公表されたときから、なんとなく(絵的に)アステアの息子なんだろうな〜
てことは相手はアランだから、アルスではなくアランの息子が主役だと、あんまり明るくはないかもしれないとは思ってましたが…

記憶を喪失しているが故、アロスの自己自身のなさったら。
もう、暗いのなんのって。
主人公不在の物語のなんて陰鬱でうっそうとしていることか。
リーとユイが出てくるあたりからは、二人のキャラのおかげでそこそこ面白く、物語も動き出してはいるんですけど。
リーがいてくんなきゃ、続き読もうと思えないよあたしゃ。

カムイせんせの映像的演出は目を見張りますけどね。
なんか、読むたびに新しい発見があって。流れるようなカメラワーク、みたいな作画です。
ハァハァ言ってうなされまくるアロスとか。萌えそうで萌えられないのがらしいな。
国王になったちゃったアランとか、いろいろ問題なところをスルーっとさせされるところがすごいです。
たった2Pの登場。あのジャガンの落ち着き払った穏やかな表情ったら! 髪の毛も寝ちゃって!! ああ、なんていうかもう……!

英語のサブタイトルに違和感を覚えるのは私だけ?
なんで「ロト紋」がこんなになってしまったか考えたときに目に入るのが「脚本:映島巡」の名前ですね。この人がロト紋が何かもしらず原作を書いているのかと思いきや、違いました。この方の単行本発売当時のHPの日記によると、ほとんどというか、内容に関してはノータッチなんだそうですよ。話を考えているのは編集部の方だそうで。
仕事的には新人アシ以下の仕事しかさせてもらってないとこぼしてありましたからね。

編集部の人間がストーリー考えてるのか、そのせいか…なるほどなぁ……
それはちょっとどうなんですかねぇ…昔からのファンに対して、なんていうか…
続編である意味がないような気がしますけど。
完結するまえに雑誌が休刊しまいか、要らぬ心配ばかりをしてしまいますよ。

最後にア・カギというルナフレアな位置にいるお姉さんキャラの名前、変だな〜と思ってたら、最後のページの担当編集のところにこんな名前を発見したんですけどね。
「赤城奈穂」
こういうのってどうなんだろーとか思ったり。

続編だからって、前と同じものを期待してはいけないってのは、わかっていてもですねぇ……
これが私のだいたいの感想ですが、何も知らない人間に一巻を読ませると、フツーにあのロトの剣が抜けるかどうか先が気になると言ってました。いいな、先入観がないと楽しめるみたいです。


posted by 百武 晶 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

幻水5かバテン2か…(+フォーム返事)

本気で迷ってます…
同日発売のどちらをとるか。時間的、金銭的に考えてどっちもは無理。
そのさらに後にはFF12が控えているので、どっちもナシってのもアリですねぇ。
幻水は4のことがあるんで、ちょっと二の足を踏んでしまう。
バテンはGCだから売り飛ばす時の値段が心配。
幻水の単調な戦闘がに比べれば、バテンのカードバトルは創意工夫に富んでいて楽しいし、世界観的にはバテンが気になる…
あああ! どうしましょうねぇ。

サギの声が誰かわかればいいんですけどね。公式HPには記述がないなぁ…
ストーリーよりカードバトルがどう進化しているか見たいし…
バテンかなぁ、それともスンナリ幻水にしておくべきか……!


12日の23:17に頂きました。いつもありがとうございます!

続きを読む
posted by 百武 晶 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。